FC2ブログ

添乗員さん◯△★♫∞!?〜時々つぶやいていたこと一覧〜

2017年に垣間見た添乗員のことを呟いていたので、まとめて。
昨日「ツアーで盗難被害、添乗員に過失」という記事があったので思い出した次第。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000136-jij-soci
2018年は添乗員さんと組んで仕事をする機会が減ると思うのですが、見聞きした呟きは続けようかなぁ。

常々思っていることは、添乗員さんは敵ではないということ。お互いに気持ちよく仕事がしたいもの。ガイドも相手の立場(お客さん、関係者、自然)に立てるような態度や行動、柔軟性と知識と人間性が求められています。加えて個性が上積みされるようなガイドを目指したいなと年の瀬に思う(具体的でないので、具体的なやつはまたブログに書くことにしよ)。

シリーズ/1 2017/2/19
お昼頃の下山に際し、年齢層や腹の減り具合、スノーシューでの体の冷え具合を推し量って、ゲレンデ食(各自払い)のところ、入浴場所での食事に素早く判断して変更。トイレ時間だけ設けて素早くバスに乗り込み移動して行った。素晴らしい機転。

シリーズ/2 2017/2/25
現地に到着したらして欲しいこと。トイレの場所をお伝えして、集合場所と時間を決めて案内する。車内から見れば初めての場所でも判る。誰でも1回目があるから2回目以降がある。

シリーズ/3 2017/3/11
全ての段取りを「これで良いですか?」と聞いてくるが、そこのところを考えて伝えるのが仕事ではないかと、、、。聞く前に考えた方が良いと思います。

シリーズ/4 2017/6/9
尾瀬の山の鼻にある「研究見本園」は所謂、植物園ではなく、湿原を歩けば、花や池塘や展望も良い見所が盛り沢山の「ミニ尾瀬」ですよ!体力的に厳しいと思うお客様にオススメして欲しい場所ですよ!「見る価値がない」とか言わない方が良いですよ!!!調べよう!!!!!

シリーズ/5 2017/6/9︎
ノウハウやアドバイスは言われた時から意識しましょう。次回からではなく今から気にしましょう。借りたものは返しましょう。

シリーズ/6 2017/6/14
「不慣れ」とか言う前に一所懸命やりましょう。大声を出すとか走り回るとか1ヶ所に集めてグダグダ説明するのではなくて、どのように伝えれば滑らかに物事を進めることができるのかに頭と心を使いましょう(頭を軸に転がるということではありませんから)。

シリーズ/7 2017/8/27
「原口さんはちゃんとしないと怒られる」と聞いているらしい。←そういう噂でもあるのか?はぁ?「怒られる」からちゃんとするんですかね~。

シリーズ/8 2017/9/23
出身地など自ら言い出し、質問して、前段でのアイスブレイク。「せっかくなのだから仲良くしたい!」という姿勢。偶然同郷(高校が近所)だったので、親近感アップ。結果ツアーの満足度も高い。ある意味必然。終始爽やかなツアーとなりました。

シリーズ/9 2017/10/2
体力、技術が不足のお客様(本来申込時にお断りするべき)の様子を観察&共有。下山時は行程の微調整を都度確認&共有。話してみるとガイド資格あり(資格なくても出来る人はいるけれど)役割分担が明確でお互いに補完しあえた稀なツアー。意味するところがお客様には中々理解して貰えないのが残念。お互いさりげなくやっているのもあるけれど。

シリーズ/10 2017/10/15
頼んでもいないモーニングコールで目が覚めた。全ての部屋でそうだったらしい。起きられない&セットの仕方が判らない人の分だけで良い。やりすぎなんじゃね?朝起きるくらい自分でできるわ!!!オカンになってくれと頼んだ覚えはない。

2017122701常念乗越

▼原口剣太郎(ぐっさん)フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
※友達申請は簡単な自己紹介をお願いします。
https://www.facebook.com/kentaro.haraguchi

▼登山ガイド原口剣太郎フェイスブックページ(イベントにガイド日程掲載:いいね!お願いします。)
https://www.facebook.com/DengShangaidoYuanKouJianTaiLang/?timeline_context_item_type=intro_card_work&timeline_context_item_source=100002608004267&pnref=lhc

▼ぐっさんツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/yamaguidegussan

▼インスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://www.instagram.com/yamaguidegussan/?hl=ja

▼日本の山の四季を紹介しているセルフマガジン「山が好きvol.1」無料配布中!下記申込フォームにご記入下さい。無料で郵送します。
申込フォーム

【ガイド予定や他の予定】
2017.12/29〜31<苗場プリンスホテル>自然体験プログラム なえばネイチャーセンター
http://yamaguide.jp/blog-entry-218.html

2018.1/2〜3<個人ガイド(募集)>美ヶ原スノーシュー
http://yamaguide.jp/blog-entry-190.html

2018.1/6<MOC>入笠山スノーシューハイク
http://yamaguide.jp/blog-entry-204.html

2018.1/7〜9<学校スキー>志賀高原
http://yamaguide.jp/blog-entry-230.html

2018.1/14<MOC>上高地スノーシューハイク
http://yamaguide.jp/blog-entry-206.html

2018.1/17〜1/21<趣味など>信州写真アカデミー・フォト写遊人写真展2018(第12回)
※1/20午前中は当番で会場にいます。
http://yamaguide.jp/blog-entry-195.html

2018.1/21<MOC>上高地スノーシューハイク
http://yamaguide.jp/blog-entry-208.html

2018.2/6〜7<個人ガイド>美ヶ原スノーシュー
http://yamaguide.jp/blog-entry-210.html

2018.2/10<MOC>谷川山麓スノーシューハイク
http://yamaguide.jp/blog-entry-212.html

2018.2/12<MOC>入笠山スノーシューハイク
http://yamaguide.jp/blog-entry-214.html

2018.3/2〜3<個人ガイド>美ヶ原スノーシュー
http://yamaguide.jp/blog-entry-216.html

2018.3/6〜15<個人ガイド>ネパールトレッキング
http://yamaguide.jp/blog-entry-221.html

<調整中の予定>
2018.1/10〜13<学校スキー>志賀高原
2018.1/16〜17<学校スキー>志賀高原
2018.1/23〜24<学校スキー>志賀高原
2018.1/31〜2/1<学校スキー>志賀高原
2018.2/11<MOC>上高地スノーシューハイク
2018.4/15<趣味など>第20回記念 長野マラソン
2018.4<個人ガイド>光城山から長峰山
2018.4/24〜26<二人三脚山の会>光城山と京ヶ倉と安曇野美術館&桜巡り
2018.6/3<趣味など>第4回安曇野ハーフマラソン
2018.7/16〜19<二人三脚山の会>中房温泉に前泊燕岳から常念岳縦走
2018.7/20<個人ガイド>御嶽山
2018.7/21<個人ガイド>焼岳
2018.7/22<個人ガイド>乗鞍岳
2018.8/9〜11<二人三脚山の会>鳳凰三山をあるく
2018.8<個人ガイド>常念岳
2018.9/2〜5<二人三脚山の会>剱岳 早月尾根
2018.9<個人ガイド>北アルプス裏銀座縦走 鷲羽岳・水晶岳

上記ガイド予定に興味があり、ご都合が悪い場合、他日程でもご案内が可能です。人数とご都合の良い日程につきまして、お問い合わせ下さい。

【2017松本山雅FC〜雷鳥奮迅 OneSou1〜】
2017シーズンの記録
http://yamaguide.jp/blog-entry-200.html

役立つ講習を選ぶポイント2つ〜2017/11/23〜11/26WAFAアドバンスレベル〜

1.講習そのものが有益なものかどうか。
ある意味当然のことではあるが、事前の案内と自分自身の課題を照らし合わせた上で選択するものなので、ミスマッチはあまり起こらないかなと思う。体験者の感想を直接聞くことが出来ればより正確に判断できるかと。習得の必要性はあるものの現時点のレベルとかけ離れた講習(高く過ぎても低過ぎても)は避けるべき。

2.講習後のフォローアップが適切かどうか。
講習を受けた後は色々と頭に入っているので、完璧に定着したように感じるがそれはあり得ない。なので、受講後に再受講が無料とか、良い意味で関わりを継続できるような仕組みがあるかどうかが重要。「(嘘のない)ここからが始まり」という雰囲気が醸し出されているかどうかが肝心。提供側の資質や仕組み作りも勿論だが、参加側の問題意識や成熟度も試されるのかなと思う。

毎年11月または4月はスキルアップを兼ねて集中的にインプットする何かをすることにしている中で、今年は野外救急法4日間(WAFAアドバンスレベル)の講習を受けた。講習中は、講義と実践の繰り返しで頭からは湯気が出っ放しだった。以前から中途半端になっていたことがクリアになり、有意義であったことと、今後不明瞭な事例が出た時に聞くことができる仕組みが用意されていることが嬉しかった。ということは情報更新に追いついていく必要もあるということ。

具体的なフォローアップとして嬉しかったこと。
・更新までに実費のみで参加できるリフレッシュ制度(1回限り)
※WAFAコースのみかどうかは未確認。
・合格者が参加可能なFBページへの参加。
・更に上級レベルのテキストやケーススタディ資料の販売(当たり前だが押し売りはない)
・上級レベルでの傷病者ボランティア(機会があればやってみたい)
・当然のことながら、更に上の講習を受講する選択肢がある。
などなど

私のようなアウトドア活動に従事する者ではなくてもウィルダネス(山や海といった現場だけではなく、災害時にも当てはまる)状況下でのシュミレーションを体験したい方にもオススメしたい講習会です。レベルや時間に応じた様々なカリキュラムが用意されています。

世界25カ国以上で選べれている野外・災害救急法
Wilderness Medical Associates Japan
http://www.wildmed.jp/index.html

2017112302.jpg

2017112306.jpg

2017112307.jpg

2017112308.jpg

2017112310.jpg

▼原口剣太郎(ぐっさん)フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
※友達申請は簡単な自己紹介をお願いします。
https://www.facebook.com/kentaro.haraguchi

▼登山ガイド原口剣太郎フェイスブックページ
(イベントにガイド日程掲載:いいね!お願いします。)
https://www.facebook.com/DengShangaidoYuanKouJianTaiLang/?timeline_context_item_type=intro_card_work&timeline_context_item_source=100002608004267&pnref=lhc

▼ぐっさんツイッター
(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/yamaguidegussan

▼インスタグラム
(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://www.instagram.com/yamaguidegussan/?hl=ja

▼日本の山の四季を紹介しているセルフマガジン
「山が好きvol.1」無料配布中!
下記申込フォームにご記入下さい。
無料で郵送します。
申込フォーム

【ガイド予定や他の予定】
2017.12/24〜12/25
http://yamaguide.jp/blog-entry-202.html

2018.1/2〜1/3<個人ガイド>美ヶ原スノーシュー
http://yamaguide.jp/blog-entry-190.html

2018.1/17〜1/21<趣味など>信州写真アカデミー・フォト写遊人写真展2018(第12回)
http://yamaguide.jp/blog-entry-195.html

<調整中の予定>
2018.1/6<MOC>入笠山スノーシューハイク
2018.1/14<MOC>上高地スノーシューハイク
2018.1/21<MOC>上高地スノーシューハイク
2018.2/12<MOC>入笠山スノーシューハイク
2018.1〜2<個人ガイド>八ヶ岳 天狗岳
2018.1〜3<個人ガイド>美ヶ原スノーシュー
2018.3/6〜15<個人ガイド>ネパールトレッキング
2018.4/15<趣味などの予定>第20回記念 長野マラソン
2018.4/17〜19<二人三脚山の会>光城山と京ヶ倉と安曇野美術館&桜巡り
2018.5<個人ガイド>塩の道
2018.6<趣味などの予定>第4回安曇野ハーフマラソン
2018.7/16〜19<二人三脚山の会>中房温泉に前泊燕岳から常念岳縦走
2018.7/20<個人ガイド>御嶽山
2018.7/21<個人ガイド>焼岳
2018.7/22<個人ガイド>乗鞍岳
2018.9/2〜5<二人三脚山の会>剱岳 早月尾根
2018.9<個人ガイド>北アルプス裏銀座縦走 鷲羽岳・水晶岳

※<◯◯◯>について
<個人ガイド>直接お客様と計画がされているガイドプラン。
<MOC>モンベルのイベント。モンベルアウトドアチャレンジ
<二人三脚山の会>お手伝いしている山の会のグループ。現地合流対応可の場合あり。

上記ガイド予定に興味があり、ご都合が悪い場合、他日程でもご案内が可能です。人数とご都合の良い日程につきまして、お問い合わせ下さい。

【2017松本山雅FC〜雷鳥奮迅 OneSou1〜】
http://yamaguide.jp/blog-entry-200.html

「貢献になっていない」「結果が出てない」と言われても凹んでいる場合ではない

自分のペースで物事に取り組んでいる時ほど、いくら待てども来なかった仕事の依頼(連絡)が不意に来たりする。連絡が来ていないときは、気持ちが他人のせいになってしまうものだ。色々な経緯や事情からこちらに非がない場合や正論であったとしても。結果を早急に求めるマインドだったなと思う。焦っていたのだなと思う。

貢献になっていると私が思っているのに認められない。自分の取り組みが経過中のものでこれからやろうとしている時に、「結果が出てない」と言われやる気がなくなる。ということがある。

いくつか試していることがあって(自分がやってみたい事)、その成果が出ていないからといって何もしていないわけではない。やる気がなくなるのは、他人の評価を期待しているから。思った評価をされないから、自分の思い通りにことがうまく運ばないからといって、動きを止める必要はない。自分がしたいからやる。できる時にできる事で関わっていく。自分に嘘をつかない。出来ないもの(技術的に物理的に)を出来ると言ったり、興味のないものにあるフリをしたりするのは、他人の評価を気にしているから。そして他人を変えることは出来ない。

ということに気がついて(忘れてしまう時もあるのだけれど)、開き直って地道なことをやっているときは人の評価なんか気になっていない。結果が出るまでは時間がかかるのだ。失敗したとしても改善して、考えながら継続していればいずれ結果というものはついてくると思う。こうした方が良いかもよという意見には耳を傾けることは必要だと思うが、他人の分析に振り回される必要はない。自分が他人を振り回していないかには気をつけなければならないが、やらないよりもやった人の方が得だ。

不意に来たその依頼は先約があって、残念ながらお断りした。まだ縁がなく(これからも縁がない案件かもしれないが)、どうすればお互いに上手くいくか(こうして頂ければ)ということはお伝えしたが、相手がこちらに配慮してくれるかどうかは判らない。先約が発生していたのは、不意の案件より先に結果が出たこととして、条件の良し悪しではなく、先のお客様を優先するのが筋かなと思ったから。正直、お断りするのは勿体無いと思う案件ではあるのだが、タイミングが合えば機会は向こうからやってくると思うのだ。だから、出来ることを出来る範囲で刃を研いでおこうと思うのだ。

先日出展したかさこ塾フェスタで「筆文字路上詩人 西田ゆかり様」より頂いたもの。ハガキ届きました。ありがとうございました。
ブログ:筆文字路上詩人 西田ゆかりの部屋
http://yukaringo3.exblog.jp
20170502かさこ塾フェスタで頂きました

▼原口剣太郎(ぐっさん)フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/kentaro.haraguchi

▼登山ガイド原口剣太郎フェイスブックページ(イベントにガイド日程掲載:いいね!お願いします。)
https://www.facebook.com/DengShangaidoYuanKouJianTaiLang/?pnref=lhc

▼ぐっさんツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/yamaguidegussan

▼日本の山の四季を紹介しているセルフマガジン「山が好きvol.1」無料配布中!下記申込フォームにご記入下さい。無料で郵送します。
申込フォーム

【個人ガイドの予定】
5/16かさこさんの松本で2時間凝縮「好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術」
http://yamaguide.jp/blog-entry-79.html

5/17〜18 【貸切】(かさこ塾遠足)上高地ハイキング 1泊2日
http://yamaguide.jp/blog-entry-42.html

5/19 新緑の美しい浅間山(日本百名山)
http://yamaguide.jp/blog-entry-58.html

5/20〜21 高原の森と活火山の山、好展望の2座 四阿山(日本百名山)&草津白根山(日本百名山)
http://yamaguide.jp/blog-entry-65.html

6/4 第3回信州安曇野ハーフマラソン
http://yamaguide.jp/blog-entry-77.html

6/6〜8 尾瀬ヶ原ハイキング定番コースをゆったり行程でご案内
http://yamaguide.jp/blog-entry-81.html

6/12〜13 ツクモグサと岩場・鎖場歩きの練習 硫黄岳〜横岳〜赤岳(日本百名山)縦走
http://yamaguide.jp/blog-entry-66.html

6/24〜25 モンベルアウトドアチャレンジ〜はじめての尾瀬ヶ原ハイキング2days 鳩待峠から大清水へ〜
http://yamaguide.jp/blog-entry-82.html

7/5〜6 モンベルアウトドアチャレンジ〜はじめての尾瀬ヶ原ハイキング2days 鳩待峠から大清水へ〜
http://yamaguide.jp/blog-entry-88.html

7/8〜15 二人三脚山の会〜信越トレイルをあるく〜
http://yamaguide.jp/blog-entry-89.html

<調整中の予定>
7/30〜8/4 裏銀座 鷲羽岳・水晶岳方面 5泊6日
10/12〜16 裏劔の展望 仙人池と阿蘇原温泉 3泊4日 または 黒部峡谷 下の廊下 2泊3日

上記ガイド予定に興味があり、ご都合が悪い場合、他日程でもご案内が可能です。人数とご都合の良い日程につきまして、お問い合わせ下さい。
7/18〜21夏山スタートの時期のご依頼を承れます。

【2017松本山雅FC〜雷鳥奮迅 OneSou1〜】
5/3 J2第11節 vs 大分トリニータ
http://yamaguide.jp/blog-entry-95.html

FBの友達申請にはメッセージ&一度の大量にFB友達が増えた時の対処法〜FBの友達が500人を超えて〜

共通の友人が確認できて、タイムライン等を見て、多分問題ないだろうなと思われる方がいたとしても(ほとんどの場合問題ないように思えるが)、何もない黙ったままの友達申請に対しての承認は何となくという理由だけなのだが承認していません。

先方がメッセージを送って頂いていたとしても、こちらが見られていない場合も黙ったままの申請扱いになってしまう(この場合は大変申し訳なく思うが仕方ない)。

「みんなメッセージして申請するべき」とか「メッセージなしの友達申請歓迎」という人(考え方)を否定しているのではありません。単に私の考え方(やり方)というだけのことです。

メッセージなしの申請はその場で対面していれば話の流れでリクエスト即承認またはこちらから申請しています。双方向のコミュニケーションが出来るツールであるだけに最初のやり取りというかご挨拶みたいなもの、私はあった方が良いかなと思っている。

一度に多数のFBの友達(知り合い)が増える場合は(何かの交流会など)、どのコミュニティ、グループなのかを忘れないように、「いつ」「どこ」で会った人か、忘れてしまわないように一言メッセンジャーで送る時がある。この方法は中々良い方法だと思っています。

▼原口剣太郎(ぐっさん)フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/kentaro.haraguchi

▼登山ガイド原口剣太郎フェイスブックページ(イベントにガイド日程掲載:いいね!お願いします。)
https://www.facebook.com/DengShangaidoYuanKouJianTaiLang/?pnref=lhc

▼ぐっさんツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/yamaguidegussan

▼日本の山の四季を紹介しているセルフマガジン「山が好きvol.1」無料配布中!下記申込フォームにご記入下さい。無料で郵送します。
申込フォーム

【個人ガイドの予定】
5/16かさこさんの松本で2時間凝縮「好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術」
http://yamaguide.jp/blog-entry-79.html

5/17〜18 【貸切】(かさこ塾遠足)上高地ハイキング 1泊2日
http://yamaguide.jp/blog-entry-42.html

5/19 新緑の美しい浅間山(日本百名山)
http://yamaguide.jp/blog-entry-58.html

5/20〜21 高原の森と活火山の山、好展望の2座 四阿山(日本百名山)&草津白根山(日本百名山)
http://yamaguide.jp/blog-entry-65.html

6/4 第3回信州安曇野ハーフマラソン
http://yamaguide.jp/blog-entry-77.html

6/6〜8 尾瀬ヶ原ハイキング定番コースをゆったり行程でご案内
http://yamaguide.jp/blog-entry-81.html

6/12〜13 ツクモグサと岩場・鎖場歩きの練習 硫黄岳〜横岳〜赤岳(日本百名山)縦走
http://yamaguide.jp/blog-entry-66.html

6/24〜25 モンベルアウトドアチャレンジ〜はじめての尾瀬ヶ原ハイキング2days 鳩待峠から大清水へ〜
http://yamaguide.jp/blog-entry-82.html

7/5〜6 モンベルアウトドアチャレンジ〜はじめての尾瀬ヶ原ハイキング2days 鳩待峠から大清水へ〜
http://yamaguide.jp/blog-entry-88.html

7/8〜15 二人三脚山の会〜信越トレイルをあるく〜
http://yamaguide.jp/blog-entry-89.html

<調整中の予定>
7/30〜8/4 裏銀座 鷲羽岳・水晶岳方面 5泊6日
10/12〜16 裏劔の展望 仙人池と阿蘇原温泉 3泊4日 または 黒部峡谷 下の廊下 2泊3日

上記ガイド予定に興味があり、ご都合が悪い場合、他日程でもご案内が可能です。人数とご都合の良い日程につきまして、お問い合わせ下さい。
7/18〜21夏山スタートの時期のご依頼を承れます。

【2017松本山雅FC〜雷鳥奮迅 OneSou1〜】
5/3 J2第11節 vs 大分トリニータ
http://yamaguide.jp/blog-entry-92.html

来るものは拒まない考え方を身につけたい〜以前お会いしたことのある人との付き合い方についての考え方〜

この人にはメリットがないと決めた時点で関わりを持とうとしない人がいる。自分が慕っていても相手からは何の音沙汰もなかったり態度が素っ気なかったり。自分にそれだけの価値がないだけのことではあるのだが。それはそれでその人の考え方だから、良いの悪いのどうこういうつもりはない。

私の場合、以前知り合った方達となんとなく繋がっていた結果(年賀状だったり、転勤や退職の都合でご挨拶を交わしている程度)、未だに連絡を頂戴する時がある。何のメリットも現時点ではお互いにない状態。でもちょっと気にかけてくれているから連絡をして来るのだと思う。

そういう方とは、長い付き合いを続けていきたいと思う(ありがたいなと思う)。いつか自分の出来ることでギブをしていきたい(常にギブの精神があれば境目などないのかもしれないが)。駒として使うとか使われるとかではなく、コラボして今までにない面白いことを作り出せるかもしれない。

これから出会う人ともそのようなお付き合いをしていきたいと思う。出来上がるセルフマガジンはその助けになるようなものになれば良いと思う。異業種とのコラボには凄く興味がある。だから自分の活動を発信し続けると何か起こるかもしれない。色々なことにアンテナを張っていることが大事だ。自分なりの軸を意識していることも大事だ。限りある時間なので、ムダのない時間(相手に取っても自分にとっても)にしなければいけないとも思う。

▼原口剣太郎(ぐっさん)フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/kentaro.haraguchi

▼登山ガイド原口剣太郎フェイスブックページ(イベントにガイド日程掲載:いいね!お願いします。)
https://www.facebook.com/DengShangaidoYuanKouJianTaiLang/?pnref=lhc

▼ぐっさんツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/yamaguidegussan

【個人ガイドやその他の予定】
4/16 好きを仕事にする見本市〜かさこ塾フェスタ 入場無料〜
http://yamaguide.jp/blog-entry-47.html

5/16かさこさんの松本で2時間凝縮「好きを仕事にするセルフブランディング&ブログ術」
http://yamaguide.jp/blog-entry-79.html

5/17〜18 【貸切】(かさこ塾遠足)上高地ハイキング 1泊2日
http://yamaguide.jp/blog-entry-42.html

5/19 新緑の美しい浅間山(日本百名山)
http://yamaguide.jp/blog-entry-58.html

5/20〜21 高原の森と活火山の山、好展望の2座 四阿山(日本百名山)&草津白根山(日本百名山)
http://yamaguide.jp/blog-entry-65.html

6/4 第3回信州安曇野ハーフマラソン
http://yamaguide.jp/blog-entry-77.html

6/6〜8 尾瀬ヶ原ハイキング
http://yamaguide.jp/blog-entry-81.html

6/12〜13 ツクモグサと岩場・鎖場歩きの練習 硫黄岳〜横岳〜赤岳(日本百名山)縦走〜
http://yamaguide.jp/blog-entry-66.html

6/24〜25 モンベルアウトドアチャレンジ〜はじめての尾瀬ヶ原ハイキング2days 鳩待峠から大清水へ〜
http://yamaguide.jp/blog-entry-82.html

<調整中の予定>
4/29〜30 残雪の尾瀬スノーシューまたはクロスカントリースキー 1泊2日
7/30〜8/4 裏銀座 鷲羽岳・水晶岳方面 5泊6日
10/12〜16 裏劔の展望 仙人池と阿蘇原温泉 3泊4日 または 黒部峡谷 下の廊下 2泊3日

上記ガイド予定に興味があり、ご都合が悪い場合、他日程でもご案内が可能です。人数とご都合の良い日程につきまして、お問い合わせ下さい。
7/18〜21夏山スタートの時期のご依頼を承れます。

【2017松本山雅FC〜雷鳥奮迅 OneSou1〜】
4/8 J2第7節 vs V・ファーレン長崎
http://yamaguide.jp/blog-entry-84.html
プロフィール

原口剣太郎(ぐっさん)

Author:原口剣太郎(ぐっさん)
年間約200日の登山を中心としたアウトドア活動(ガイド引率約150日)をこなす、登山ガイドのほぼ毎日更新ブログ。登山報告や日常生活に役立つアウトドアテクニック、趣味(写真やサッカーの話)など様々な話題を提供します。
日本の自然は世界的にみて、とても希少で貴重なものです。山を通じて自然の素晴らしさや楽しさを伝えています。山登りを楽しむにはちょっとしたコツが必要なので、歩き方や装備のことや楽しみ方も合わせてお伝えしています。

ガイド歴
・日本百名山90座登頂を含む国内のほぼ全ての山域を踏破
・キリマンジャロ登頂(5回)を含む海外トレッキング経験多数
(ネパール・パキスタン・タスマニア島・ニュージーランド・中国・台湾の山々・トレッキング等々)
・学校登山などの児童や学生(小学生から高校生)の野外体験活動引率歴多数
・苗場プリンスホテル「雪の家」における幼児・小児の屋外体験活動に携わる
・テレビ番組撮影のお手伝い 等々

サービス内容
・長野県・群馬県を中心とした日本の山・ハイキングのガイドや手配
・海外登山・トレッキングのガイドや手配
・野外活動を通じた子供達の環境教育、自然体験プログラムの作成や運営・お手伝い
・自然体験活動を通じた企業研修等のお手伝い
・旅行会社や各種団体様への登山プランの作成・手配
・テレビ番組の撮影取材への同行、ガイドブック等執筆に関するの素材提供(写真&文章)
・異業種とのコラボ企画の共催(撮影×登山)

資格
・公益社団法人日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド ステージⅡ
・環境省自然公園指導員
・尾瀬自然ガイド・登山ガイド
・総合旅行業務取扱管理者
・一般旅行業旅程管理者
・日本山岳ガイド協会危急時対応技術指導員

ガイド料金
・半日行動(行動時間概ね2時間以内):10,000〜20,000円/日
・終日行動(行動時間概ね2時間以上):20,000〜30,000円/日
※交通費・宿泊代等の実費は上記料金に含まれません(詳細お問い合わせ下さい)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

原口剣太郎(ぐっさん)

Author:原口剣太郎(ぐっさん)
年間約200日の登山を中心としたアウトドア活動(ガイド引率約150日)をこなす、登山ガイドのほぼ毎日更新ブログ。登山報告や日常生活に役立つアウトドアテクニック、趣味(写真やサッカーの話)など様々な話題を提供します。
日本の自然は世界的にみて、とても希少で貴重なものです。山を通じて自然の素晴らしさや楽しさを伝えています。山登りを楽しむにはちょっとしたコツが必要なので、歩き方や装備のことや楽しみ方も合わせてお伝えしています。

ガイド歴
・日本百名山90座登頂を含む国内のほぼ全ての山域を踏破
・キリマンジャロ登頂(5回)を含む海外トレッキング経験多数
(ネパール・パキスタン・タスマニア島・ニュージーランド・中国・台湾の山々・トレッキング等々)
・学校登山などの児童や学生(小学生から高校生)の野外体験活動引率歴多数
・苗場プリンスホテル「雪の家」における幼児・小児の屋外体験活動に携わる
・テレビ番組撮影のお手伝い 等々

サービス内容
・長野県・群馬県を中心とした日本の山・ハイキングのガイドや手配
・海外登山・トレッキングのガイドや手配
・野外活動を通じた子供達の環境教育、自然体験プログラムの作成や運営・お手伝い
・自然体験活動を通じた企業研修等のお手伝い
・旅行会社や各種団体様への登山プランの作成・手配
・テレビ番組の撮影取材への同行、ガイドブック等執筆に関するの素材提供(写真&文章)
・異業種とのコラボ企画の共催(撮影×登山)

資格
・公益社団法人日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド ステージⅡ
・環境省自然公園指導員
・尾瀬自然ガイド・登山ガイド
・総合旅行業務取扱管理者
・一般旅行業旅程管理者
・日本山岳ガイド協会危急時対応技術指導員

ガイド料金
・半日行動(行動時間概ね2時間以内):10,000〜20,000円/日
・終日行動(行動時間概ね2時間以上):20,000〜30,000円/日
※交通費・宿泊代等の実費は上記料金に含まれません(詳細お問い合わせ下さい)。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR