尾瀬と日本アルプス登山者比較〜2017/9/16〜9/17はじめての尾瀬ヶ原ハイキング2days 鳩待峠から大清水へ〜

今年は尾瀬の中で泊まる仕事が多かったので、山小屋で登山者の方とお話しする機会が多かった。普段、日本アルプスの尾根を案内することが多いのだが、ちょっとした違いがあることに気がついた。そんな傾向があるような気がするというだけだが、、、。

北アルプスや南アルプスなどを歩くと、とてもたくさんの山を見ることが出来て、「次はあれ。」「あそこは難しいのだろうか?」といった、会話や自慢話に花が咲いていることが多い。

対して尾瀬はというと、「前は夏に来たけれど今回は秋。」「友達と前に来たけれど今回は一人で。」「前回はテントで来たけれど今回は小屋泊まり。」など、尾瀬だけでその人の登山ライフが刻まれている印象。「尾瀬だけあれば良い」と楽しそうにお話しされている。

どちらが良いとか悪いとかではなく、どちらも良いなと思う。尾瀬に限っては私よりも色々なことを知っている方も結構いたな。尾瀬についてはもっと深く色々知りたいなと思う。そういう磁場みたいなものでもあるのだろうか、、、。

「はじめての尾瀬ヶ原ハイキング2days 鳩待峠から大清水へ」のツアーは登山初心者の参加が多く、歩き方やザックの背負い方、山小屋での作法などの基本的なことを確認しながら歩くことが多かった。今後どのようなステップで登山の方向に進んだら良いかといった質問も頂き、私なりの広く浅い経験からお伝えさせて頂いたが、来年も数回は設定の予定。もう少し教室のような形でツアーの進行も練り直して臨みたい。

補足
一方でまだまだバスを降りたらそこが尾瀬ヶ原だと思っている観光の方が多いことも事実(他の仕事やすれ違う方達を見ながら思ったこと)で、単純に知らないこと(靴がダメ、体力がない)による怪我が多いことも尾瀬特有の現象に思える。特に綺麗なミズバショウの咲く頃(例年6月上旬)は木道上に雪が残っている部分があり、スリップによる転倒が非常に目立つ。ニッコウキスゲの減少も気になる。見所の多い場所なので、いつまでもこのような風景が見られると良いなと思う。

▼写真アルバム
https://www.facebook.com/kentaro.haraguchi/media_set?set=a.1498398583590394.1073742268.100002608004267&type=3&uploaded=7

2017102301尾瀬
途中立ち寄る長蔵小屋で販売のオルゴール。「夏の思い出」の良い音色を奏でます。スタッフの手作りの絵が良い味を出しています。ニスを塗って完成だそう。

▼原口剣太郎(ぐっさん)フェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)※友達申請は簡単な自己紹介をお願いします。
https://www.facebook.com/kentaro.haraguchi

▼登山ガイド原口剣太郎フェイスブックページ(イベントにガイド日程掲載:いいね!お願いします。)
https://www.facebook.com/DengShangaidoYuanKouJianTaiLang/?timeline_context_item_type=intro_card_work&timeline_context_item_source=100002608004267&pnref=lhc

▼ぐっさんツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/yamaguidegussan

▼インスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://www.instagram.com/yamaguidegussan/?hl=ja

▼日本の山の四季を紹介しているセルフマガジン「山が好きvol.1」無料配布中!下記申込フォームにご記入下さい。無料で郵送します。
申込フォーム

【ガイド予定】

<調整中の予定>
2017.11/15〜17<個人ガイド>霧訪山と廃線ウォークとりんご狩り
2017.11/23〜26<スキルアップ>野外救急法(WAFA)
2018.1〜3<個人ガイド>美ヶ原スノーシュー
2018.3<個人ガイド>ネパールトレッキング
2018.4/15<趣味>第20回記念 長野マラソン
2018.4/17〜19<二人三脚山の会>光城山と京ヶ倉と安曇野美術館&桜巡り
2018.4<個人ガイド>塩の道
2018.6<趣味>第4回安曇野ハーフマラソン
2018.7<個人ガイド>御嶽山・焼岳・乗鞍岳(各日帰りで募集予定)
2018.7<二人三脚山の会>中房温泉に前泊燕岳から常念岳縦走
2018.9<個人ガイド>北アルプス裏銀座縦走 鷲羽岳・水晶岳

上記ガイド予定に興味があり、ご都合が悪い場合、他日程でもご案内が可能です。人数とご都合の良い日程につきまして、お問い合わせ下さい。

【2017松本山雅FC〜雷鳥奮迅 OneSou1〜】
10/29 J2第39節 vs FC岐阜
http://yamaguide.jp/blog-entry-172.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原口剣太郎(ぐっさん)

Author:原口剣太郎(ぐっさん)
年間約200日の登山を中心としたアウトドア活動(ガイド引率約150日)をこなす、登山ガイドのほぼ毎日更新ブログ。登山報告や日常生活に役立つアウトドアテクニック、趣味(写真やサッカーの話)など様々な話題を提供します。
日本の自然は世界的にみて、とても希少で貴重なものです。山を通じて自然の素晴らしさや楽しさを伝えています。山登りを楽しむにはちょっとしたコツが必要なので、歩き方や装備のことや楽しみ方も合わせてお伝えしています。

ガイド歴
・日本百名山90座登頂を含む国内のほぼ全ての山域を踏破
・キリマンジャロ登頂(5回)を含む海外トレッキング経験多数
(ネパール・パキスタン・タスマニア島・ニュージーランド・中国・台湾の山々・トレッキング等々)
・学校登山などの児童や学生(小学生から高校生)の野外体験活動引率歴多数
・苗場プリンスホテル「雪の家」における幼児・小児の屋外体験活動に携わる
・テレビ番組撮影のお手伝い 等々

サービス内容
・長野県・群馬県を中心とした日本の山・ハイキングのガイドや手配
・海外登山・トレッキングのガイドや手配
・野外活動を通じた子供達の環境教育、自然体験プログラムの作成や運営・お手伝い
・自然体験活動を通じた企業研修等のお手伝い
・旅行会社や各種団体様への登山プランの作成・手配
・テレビ番組の撮影取材への同行、ガイドブック等執筆に関するの素材提供(写真&文章)
・異業種とのコラボ企画の共催(撮影×登山)

資格
・公益社団法人日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド ステージⅡ
・環境省自然公園指導員
・尾瀬自然ガイド・登山ガイド
・総合旅行業務取扱管理者
・一般旅行業旅程管理者
・日本山岳ガイド協会危急時対応技術指導員

ガイド料金
・半日行動(行動時間概ね2時間以内):10,000〜20,000円/日
・終日行動(行動時間概ね2時間以上):20,000〜30,000円/日
※交通費・宿泊代等の実費は上記料金に含まれません(詳細お問い合わせ下さい)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

原口剣太郎(ぐっさん)

Author:原口剣太郎(ぐっさん)
年間約200日の登山を中心としたアウトドア活動(ガイド引率約150日)をこなす、登山ガイドのほぼ毎日更新ブログ。登山報告や日常生活に役立つアウトドアテクニック、趣味(写真やサッカーの話)など様々な話題を提供します。
日本の自然は世界的にみて、とても希少で貴重なものです。山を通じて自然の素晴らしさや楽しさを伝えています。山登りを楽しむにはちょっとしたコツが必要なので、歩き方や装備のことや楽しみ方も合わせてお伝えしています。

ガイド歴
・日本百名山90座登頂を含む国内のほぼ全ての山域を踏破
・キリマンジャロ登頂(5回)を含む海外トレッキング経験多数
(ネパール・パキスタン・タスマニア島・ニュージーランド・中国・台湾の山々・トレッキング等々)
・学校登山などの児童や学生(小学生から高校生)の野外体験活動引率歴多数
・苗場プリンスホテル「雪の家」における幼児・小児の屋外体験活動に携わる
・テレビ番組撮影のお手伝い 等々

サービス内容
・長野県・群馬県を中心とした日本の山・ハイキングのガイドや手配
・海外登山・トレッキングのガイドや手配
・野外活動を通じた子供達の環境教育、自然体験プログラムの作成や運営・お手伝い
・自然体験活動を通じた企業研修等のお手伝い
・旅行会社や各種団体様への登山プランの作成・手配
・テレビ番組の撮影取材への同行、ガイドブック等執筆に関するの素材提供(写真&文章)
・異業種とのコラボ企画の共催(撮影×登山)

資格
・公益社団法人日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド ステージⅡ
・環境省自然公園指導員
・尾瀬自然ガイド・登山ガイド
・総合旅行業務取扱管理者
・一般旅行業旅程管理者
・日本山岳ガイド協会危急時対応技術指導員

ガイド料金
・半日行動(行動時間概ね2時間以内):10,000〜20,000円/日
・終日行動(行動時間概ね2時間以上):20,000〜30,000円/日
※交通費・宿泊代等の実費は上記料金に含まれません(詳細お問い合わせ下さい)。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR